酸洗いのメリット

酸洗いには様々な利点がある

金属は酸性の液体をかけると溶ける性質があります。この性質を利用して金属を加工することを酸洗いと言います。酸洗いをすることで、金属の表面の粗い部分を整えることが出来ます。ミクロン単位の、非常に繊細な加工を行うことができるのです。また、金属の尖った部分を酸洗いで丸めることも可能です。あらゆる精密部品を作るにあたって、酸洗いは欠かせない工程なのです。金属を加工する以外にも、酸洗いには防錆効果があります。酸性の液体が金属表面に付着することにより、錆びにくくなるのです。また、酸洗いは金属に酸性の液体をつけるだけなので、非常に作業が簡単です。そのため、大量生産を可能にし、ランニングコストを抑えることができます。このように、酸洗いはシンプルな加工で繊細な金属部品を作ることに適しています。

酸洗いを行う上での注意点

酸洗いで使用する硝酸や硫酸といった液体は、皮膚に直接触れると火傷などの症状が出ます。酸性液体は非常に危険な液体なので、取り扱いには十分注意してください。万が一の時に備えて、肌をしっかりと保護できる服を着ておくことをお勧めします。また、酸性液体は強い臭気があるので、臭いを嗅ぎすぎると体調を崩す可能性があります。換気設備の整った環境で酸洗いを行うようにしましょう。さらに酸性液体を扱う上で注意したいのが、処分方法です。酸性液体を処分する時は必ず自治体のルールに従う必要があります。排水溝や河川に酸性液体が流れてしまうと、水質汚染につながってしまいます。環境に害を及ぼさないよう、設備を万全にしてください。

金属物質や金属製品の表面から、塗装や樹脂を剥がす作業のことを指します。塗装剥離のやり方は、科学的方法、物理的方法、熱的方法に分けられます。