酸洗いの注意点

酸洗いのメリットについて

酸洗いのメリットは、仕上げ加工を簡単かつ一度に大量に処理ができることです。酸洗いとは酸性の液体が金属を溶かすという性質を応用した加工方法です。具体的には角に発生した機械加工のバリを除去したり丸めたりすることや表面粗さをきれいにすることなどがあります。酸性の液体が表面に付着することで防錆効果ももたらせます。また、人の手や機械が侵入しにくい複雑な形状でも仕上げ加工ができるメリットもあります。長い製品や大型の製品に対しても液体が侵入することで溶かしてくれるからです。酸洗いそのものの設備も酸性の液体につけるだけですのでシンプルなため投資額もリーズナブルです。人の作業もほとんどいりませんので労働力削減にもなります。

酸洗いの注意点について

酸洗いは便利な仕上げ工法ですが注意しなければ、企業として損失を招くケースがあります。まずは、安全と衛生の観点です。酸性の液体はにおいがきついため気分を害してしまったり、皮膚に付着するととけてやけどのような症状をもたらせます。具体的対策として、換気設備を充実させ空気をしっかり循環することで臭気問題に対応できます。皮膚に付着しないためには露出をなくし、保護具の着用を徹底することです。長袖長ズボンの作業着はもちろんメガネや手袋着用が重要です。環境では正しく処理することが重要です。河川や土壌に流出しては環境破壊につながり企業イメージがダウンします。酸性液体の流出防止を設備面で対応することもポイントです。

リン酸処理はリン酸塩処理やリン酸皮膜処理とも呼ばれており、銅や鉄などの化成処理法のことです。この処理法によって表面にリン酸皮膜を形成し塗料を密着させたり、耐食性を高めたりすることができます。