酸洗いに適さない製品にはどのようなものがあるか

どうして酸洗いするの?酸洗いの目的とメリット

酸洗いとは、酸を使用して金属製品を洗浄することです。溶接やロウ付けによって製品の表面に付着してしまった焼けや、作業途中で発生するスケールと呼ばれる酸化被膜、サビなどを取り除く目的で行われます。この処理をしないままでいると、後の工程で大幅に手間がかかってしまうことになります。特に、のちにメッキ加工をする際に酸洗いを行っていないと、スケールやサビによって接着不良を起こしてしまいます。メッキ加工においては、酸洗いは欠かせない工程なのです。

また、酸洗いをして加工する金属の表面を綺麗にすることで、腐食しやすい溶接部分の酸化による腐食を防ぐというメリットもあります。研磨やコーティングといった下処理も兼ねることもあり、酸洗い後に水洗浄したものをそのまま製品とすることもあるほどです。

溶けてしまった!正しい酸洗いの方法と、してはいけないこと

基本的に、酸洗いは塩酸や硫酸などの薬品を使用して行われます。そのため、一歩間違えれば製品自体が溶けて無くなってしまうという事態も起こってしまうのです。また、チタン、ステンレス、鉄鋼など、加工する金属には多くの種類があります。使用する酸の種類や混合比、温度や時間なども、対象の金属の性質に合わせて変えていかなければなりません。違う種類の酸を使用してしまったり方法を間違えてしまうと、表面がガタガタになってしまい使い物にならないという失敗も起きてしまいます。

酸洗いに適しているのは、後でメッキ加工や塗装を施そうとしている金属製品です。その中で、鉄の酸洗いを行う際には注意が必要です。鉄は酸化しやすいため、錆がすぐに発生してしまいます。そのため、酸洗いの後すぐに錆防止の加工を施す必要があります。鉄製品を扱う場合、この錆を防止する加工に対応できない製品は酸洗いには適していないと言えます。